• 提案事業紹介 Biemtron INNOVATION EYE

最近、研究分野は多岐に亘っており分野の垣根はなくなりつつあります。

私ども、提案型企業は「Seeds,Needs」に係る産学官連携の共同開発を始め協力企業とのアライアンス

機構を築き研究開発の全面的なお手伝いができる提案を事業内容の主体に取り組んでおります。

経営者の考え方やトレンドの見方と技術者サイドからの技術に関する見方のトレンドを

「INNOVATION EYE」と題して折を見て継続的に発信していくコーナーです。

  • ■産業の空洞化が進む中、小企業は連携が必要

益々産業の空洞化が進むと懸念される中、私たち中小企業は連携が必要です。

当社は一般社団法人 茨城研究開発型企業交流協会(IRDA)会員として、共同展示会を開催、参加し

研究者への技術の提案を行い、企業同士の連携を強め、各企業の持つ特徴ある技術を理解し、

協力できる体制を築き上げております。

  • ■産業の空洞化を技術の空洞化にしない

産業の空洞化が技術の空洞化を招かないように連携してチャレンジが必要です。

当社と地域の協力工場は地元の研究機関への技術交流と受注活動を積極的に参加しております。


新しい分野への参加は地元茨城県工業技術センター、協力工場と連携し、その技術を目で確かめ共有のも

のとしてチャレンジしております。


私たちは地元の研究所を支える一員でありたいと思っております。

  • ■提案できる技術は常に進化させる

提案できる技術は常に進化させなければならない。

既存の技術は常に進化させるべく産学官共同研究、開発を積極的に進めております。


常にユーザー側に立った視点で製品を開発することを心がけております。

  • ■科学分野のボーダレス化が私達に異業種技術を呼ぶ

科学分野のボーダレス化が私達に異業種技術を必要とさせている。

時には異業種分野において、中小企業の連携が新しい技術、産業への出発点となります。


私どもの提案する技術をアピールすることで異分野で協力して出来るものづくりを捜し求めてゆきます。